「こうあるべき」を疑う

ストレスを感じた時は自分を客観視してみることをオススメする。

すると、自分の中にある「こうあるべき」と目の前の事象がぶつかっていることが原因であることが多い(ちなみに私はこれが大半)。

この「こうあるべき」を分解すると大きく3つに分かれる。

  1. 自分の信念
  2. 過去の経験
  3. 親や他者からの刷り込み

自らを成長させるためにはこれらを捨てるのではなく更新する必要がある。

特に2.は成功に基づいていると厄介な場合も。

まとめると、

ストレスを感じる

自分を客観視する(書き出す)

自分の「こうあるべき」を明らかにする

「こうあるべき」更新できないか柔軟に見直す

↓ 以下バナーをクリックで「応援」宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA