スキップコミュニケーションとトップダウン組織の作り方

最近のスローガンとして

ノーモア、スキップコミュニケーション

ストップ、トップダウン

このように掲げている。

スキップコミュニケーションとは、役員が部長を飛ばして課長に指示すること。

すると課長はその指示を役員に報告する。

部長はその一連のやりとりを知らない。

課長は役員から直接指示を受けているのでこの一件は部長と同等(むしろ上)のような錯覚に陥る。

すると部長とのコミュニケーションも齟齬が出てくる。部長の指示よりも役員の指示を優先するため、部長が直接動かせなくなる。

徐々にみんながその役員からの直接の指示を待ち、階層がフラットに近づく。

これでトップダウン組織のできあがりというわけだ。

規模を大きくするためには権限移譲を伴ったボトムアップ組織にというのはいいが、こうしたコミュニケーションを意識的に避けていかなければうまくいかない。

頭ではわかっているものの、スピードを重視すると担当者と直接やり取りしたうえで指示を出したくなるものだ。

そこでノーモア、スキップコミュニケーションとなる。

スキップするような局面ではメールでCCやグループチャットを活用するなどして、蚊帳の外を作らないことが重要。

↓ 以下バナーをクリックで「応援」宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA