『1行書くだけ日記』伊藤羊一

この本を勧めたい人

  • 成長意欲の高い人
  • 時間に追われてる感覚のある人
  • 三日坊主で日記に挫折したことのある人

私は成長には内省が最も有効だと考えている。

逆に時間の経過に伴う経験はさほど重視していない。よって年功序列には反対だ。

では内省は何回するのがいいかというと、多くの人はわからないのでないか。

年始にたてた目標すらも忘れてしまいがちだから年に一度「今年も何も成せなかった」と振り返るのが関の山で、例えば月に一度の振り返りでもかなり多いと言えるのではないか。

そこで本書ては1行日記という極限までハードルを下げた方法で振り返りを習慣付けようという方法た。

体験から気づきに変え、中間での振り返り等手法の展開はあれど、毎日振り返ることが全ての基本となり、実行している著者の人生も大きく好転しているらしい。

ぜひまずは真似る。そしてオリジナルに昇華させる。どれだけ多忙を極める人も1行くらいは書けるはず。

かく言う私も日記アプリで始めたばかりではあるが。

応援宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA