定期的に振り返るべきこと

無意識こそが武器であり、危険であるといえる。

いいことを無意識的にできるようになることは「いい習慣を持つこと」と同義であることから人生の宝物になる。一方で無意識で行っている悪い習慣や思考停止状態の行動は極力なくしていきたい。

そこでオススメなのが定期メンテナンスで以下の4点を振り返ること。

  1. 時間の使い方
  2. お金の使い方
  3. 頭の中身
  4. 付き合う人

①時間の使い方

時間の使い方の確認は時間実績をつけることに限る。

15分ないしは30分単位で1週間の時間実績をつける。

めんどうだがかなり有効。

専用のアプリもあるので可能な限り記録するストレスを減らすことがポイントとなる。

コマ切れ時間や集中力の低下している時間がどれほどあるか。

忙しい、バタバタしているといいながら、無目的にテレビやスマホを眺めている時間こそ、即レスしたり、細かなタスクを潰す等現状から一歩踏み出す「伸びしろ」と言える。

オススメアプリ:Toggl

②お金の使い方

最もわかりやすい家計簿、収入と支出の可視化が有効。

こちらもアプリで管理するのがオススメ。

特に小さな支出が無駄になっていないか。

例えば毎日コンビニでコーヒー買うことは不可避か。

会社携帯で事足りているのであれば格安スマホでいいのではないかとツッコミを入れながら確認したい。

細かな無駄遣いを減らして、1冊でも本を買って読めばお金の使い方と併せて①の時間の使い方も変わってくる。

オススメアプリ:Zaim

③頭の中身

頭の中に残っているものをすべてノートに出し切ることが有効だと考えている。

ノートに向かって頭に浮かぶことをノートに書きなぐることは思考力を高めるうえでも有効だと実感している。GTDの考え方が基本となっている。

参考サイト:https://gtd-japan.jp/about

④付き合う人

「普段親しく付き合っている人の平均年収があなたの平均年収です」といわれるくらい誰と付き合っているかが重要。

頭に浮かぶ順に書き出して、今後の未来を語る相手としてふさわしいか改めて考える時間を儲けるとともに、どういった人と今後付き合っていきたいか文字に起こしてみると引き寄せられてくるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA