会社で働くことについて

自分が経営者でなければその身分はサラリーマンであり、使用人である。

オーナー企業で働く際はこの事実を常に念頭においておかないと悲劇が起きる。

それは仮に取締役であってもおなじ。

でもここさえ押さえておけばサラリーマンのほうが向いている人は圧倒的に多く

悲観する物でもない。

逆にサラリーマン向きの人が経営者を目指すほうが悲劇的といえる。

これだけ会社に利益をもたらしたのにこれっぽっちの給与かよという働きをしている人は

早晩起業していかに会社の看板と保護のもとの数字だったか身をもって感じるといいと思う。

だからぼくは勘違いせずしばらく社畜でいいのだと納得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA