練習せずして試合に出るなんて考えられない

オリンピックは見ず、テレビも見ず、新聞も日経に軽く目を通す程度で今の世の中のことをあまり詳しく知らないが、雑誌はよく読むので何が流行っているかは知っているつもりです。

とはいえ、オリンピックやっていることくらいは知っている。

そんなスポーツムードの中で、我々ビジネスパーソンにとっての試合とは?練習とは?と考えている。

仮に試合が仕事だとしたら、練習は何か。

おそらく勉強が該当する。

昔サッカー部だったからよくわかるが、練習熱心な部員が必ずしもレギュラーというわけではない。

練習に何を選ぶか、自分の強みを理解してどこに力を入れて練習するかが問われる。

つまり何を勉強するかは本人のセンスが問われ、それが仕事での差になる。

将来への不安から、内容も理解せずに海外の資格を目指したり、学歴コンプレックスを刈り取るような大学院に行かないようにしたい。

もちろん、内容が目的にあったものであればそれは素晴らしい練習になるから慎重に選択したい。

ちなみに私は依然として読書しかしていないので偉そうなことは言えない。

↓ 以下バナーをクリックで「応援」宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA