虚勢という名の鎧を脱ぎ捨てて弱みを見せていいんだよ

若くして役職に就くと年上の部下ができたりする。

社外からも若いのにすごいですねの裏側には「あなたに務まりますか」と思われている気がする。

するとだんだん舐められないようにしなくてはと虚勢を張りがちに。

素直に言えていた「ごめんなさい」や、

「わからないから教えてください」が言えなくなる。

「助けてください」と言えず、ひとりで遅くまで残ってなんとか片付けようとする

こうして疲労が蓄積するとパフォーマンスが落ちて些細なことでイライラする。

まさに悪循環。

そんな時は弱みを見せてもいい。

むしろその素直な「教えてください」が味方を作る。

「教えてください」と言われて嫌な思いをするベテランは本当に少ない。

みんな過去に通ってきた道だからこそ親身に教えてくれるはずだ。

メンバーも上司に完璧を求めているわけではない。上司の知識の不足部分に関心があるわけではない。

上司が困難にぶつかった時どう対応するかを見ているはずだ。

↓ 以下バナーをクリックで「応援」宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA